名古屋市で街頭演説・青年フォーラムに参加

2011年02月15日

名古屋市議選の応援演説をする斉藤鉄夫(名古屋市)

公明党の斉藤鉄夫幹事長代行、遠山清彦国際局長の両衆院議員は13日、名古屋市議選(3月13日投票)に向け激闘する党予定候補の応援に駆け付け、「公明こそ議会改革の原動力」と訴えた。
このうち千種区で遠山氏は「公明党は全国の地方議員から、現場の声を聞き、国会議員と連携するチーム力で国民の誰もが納得できる政策を実現していく」と強調。前市議の、たなべ雄一氏(市議選予定候補=千種区)は「わが身を削り庶民のために命を懸けて働き抜く」と決意を語った。
西区で斉藤氏は「今、政治に問われているのは、『本当にムダ削減、行政改革を実行できる政党はどこか』ということだ」と強調。「それは、しがらみのない公明党だけ」と訴えた。
市議選に初挑戦する、さわだ晃一氏(西区)は、子育て支援や介護福祉の充実をめざす抱負を述べ、「新しい時代、新しい議会を全力で切り開いていく」と決意を語った。

さらに同日には公明党愛知県本部青年局主催のフォーラムに駆け付け、ばば のりこ、木下まさる両氏(ともに市議選予定候補)への絶大な支援を呼びかけた。斉藤は、経済効果を発揮した家電エコポイント制度が、主婦の発想から生まれたことに触れ、「公明党は庶民の目線で政治を行っている。税金のムダ遣いをなくすことも、庶民感覚のない他の政党には決してできない」と訴えた。  (公明新聞記事より転載)

コメントは受け付けていません。