柏崎刈羽原子力発電所を訪問

2011年04月15日

柏崎刈羽原子力発電所で安全対策を求める斉藤鉄夫

安全対策に万全を期せ

 東京電力福島第1原子力発電所の事故を受け、原発の安全性について不安の声が出ていることから、公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は14日、新潟県柏崎市・刈羽村に位置する東京電力柏崎刈羽原子力発電所を訪ねて横村忠幸所長に会い、安全対策に万全を期すよう強く求めるとともに、同発電所の津波対策について聞いた。これには公明党の、しんがい維義、若井けい子両柏崎市議(市議選予定候補)が同行した。
 斉藤氏は「発電所周辺の住民は大変心配している。今回の事故の教訓を生かし、迅速に対応していくことが第一の責務。住民に安心してもらえる施策をぜひ、お願いしたい」と強調。しんがい、若井両氏らは、住民への十分な説明を求めた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。