税理士団体より要望を受ける

2011年05月25日

日本税理士会連合会と日本税理士政治連盟より要望を受ける山口代表と斉藤鉄夫(右から2人目)ら

国税通則法 改正案実現を

 公明党の山口那津男代表と井上義久幹事長は24日、国会内で、日本税理士会連合会と日本税理士政治連盟から「2011年度税制改正に関する要望」を受けた。これには、斉藤鉄夫幹事長代行、魚住裕一郎、竹谷とし子の両参院議員が同席した。

 両団体側は、11年度税制改正法案の早期成立を要請。複雑な手続きを簡単な言葉で記した「憲章」策定などを盛り込む国税通則法改正案については「納税者の権利保護の観点から実現してほしい」と求めた。

 山口代表は「要望の内容はわが党も基本的に推進していく立場だ」と述べ、井上幹事長は「できるだけまとまるよう頑張りたい」と答えた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。