「合併浄化槽の普及に全力」 環整連会合に出席

2011年05月26日

全国環境整備事業協同組合連合会の会合であいさつする斉藤鉄夫

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は25日、都内で開かれた全国環境整備事業協同組合連合会(玉川福和会長)の会合に出席し、あいさつした。木庭健太郎参院幹事長、江田康幸衆院議員、秋野公造参院議員、弘友和夫元参院議員も参加した。

 斉藤幹事長代行は、「合併浄化槽は災害に強い上、(経済効率も高いため)財政的にも持続可能なまちづくりの中心の技術になる」と指摘し、今後も普及に全力を尽くす考えを述べた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。