日本非破壊検査工業会懇親会に出席

2011年05月30日

非破壊検査技術の向上に期待

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は27日、都内で開かれた日本非破壊検査工業会(松村康人理事長)の懇親会に出席し、あいさつした。

 この中で斉藤氏は「日本は技術立国でいかなければならない」として、原子力発電の「安全性向上や、再生可能エネルギー推進の中心になっていく」と力説。その上で、超音波など、モノを壊さずに製品内部のチェックを行う非破壊検査の技術向上に期待を寄せた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。