スーパークールビズ 経済と心を元気に

2011年06月02日

スーパークールビズをPRする斉藤鉄夫(左から二人目)

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(元環境相)は1日、都内の百貨店で行われたPRイベント、スーパークールビズ2011に出席し、あいさつした。

 スーパークールビズとは、東日本大震災と東電福島第1原発事故を受けた夏場の節電対策として、ポロシャツやジーンズの着用を認めるなど、従来のクールビズよりも職場での軽装化を進めるもの。

 斉藤氏は「(震災で)厳しい状況だが、楽しみながら、経済の発展と精神の復興につながるクールビズにしていきたい」と訴えた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。