大竹市で時局講演会を開催

2011年07月24日

講演する斉藤鉄夫

 斉藤鉄夫は24日、広島県大竹市で開催された党広島県本部第2総支部主催の時局講演会に出席しました。

 講演会では、栗原俊二広島県議会議員、田中実穂大竹市議会議員、そして来賓を代表して入山欣郎大竹市長が挨拶を行いました。

 弁士として講演した斉藤は、東日本大震災における被災地の公明党地方議員の活動を紹介し、苦しんでいる人に寄り添い、その声を市政、県政、国政に届けていく。公明党議員のあるべき姿がここにあると強調しました。その反面、菅政権の復旧・復興は「遅い、鈍い、心がない」、今や党内外から退陣の声が挙がっており、議員内閣制の根本原理からはずれているのではないかと指摘しました。しかしながらその中にあって、先の復興基本法の成立や、明日成立予定の第2次補正予算、がれき処理や二重ローン問題、原発災害賠償の仮払いなどの法案を公明党が中心となって実質的に進めてきたことを紹介しました。 また今後のエネルギー政策については、党内において現在検討中としつつも、日本が持つ世界に誇る技術を駆使し、新しいエネルギー社会を構築していくことがこれからの日本が生き残る道ではないかとの考えを述べました。

 

コメントは受け付けていません。