広島市内で街頭演説を行う

2011年08月22日

街頭演説する斉藤鉄夫

 斉藤鉄夫は22日朝、広島市内で街頭演説を行いました。会期末を控え、総理の退陣条件といわれる再生可能エネルギー法案、特例公債法案などに対する公明党の対応の経緯を説明。また急激な円高に対して、18日には公明党として総合経済対策に関する緊急提言を発表し、政府に申入れを行ったことを紹介しました。逆に政府民主党は、代表選挙が政局となり経済対策への動きが鈍いことを指摘、公明党としては野党として引き続きしっかりと政府へのチェック機能を果たしていきたいと決意を述べました。

コメントは受け付けていません。