青森県六ケ所村を訪問

2011年09月09日

核燃料再処理事業の安全性議論

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は6日、青森県六ケ所村の日本原燃株式会社を訪れ、使用済み核燃料の再処理工場などを視察するとともに、川井吉彦社長らと原子力発電の安全性をめぐり、意見を交わした。大口善徳衆院議員、加藤修一参院議員、伊吹信一、畠山敬一両青森県議が同行した。

 日本原燃は、原発の燃料として一度燃やしたウランから、燃焼過程で生成したプルトニウムや燃え残ったウランなどを取り出して、循環利用するための事業者。燃料の再処理でウラン燃料の長期安定確保をめざしている。

 一行は、ウラン濃縮工場や使用済み燃料受け入れ・貯蔵施設を視察した後、事業の安全確保策をめぐり、活発に意見を交わした。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。