広島市内で街頭演説

2011年09月12日

街頭で演説をする斉藤鉄夫

 斉藤鉄夫は12日朝、広島市内で街頭演説を行い、国会での政治活動の報告をいたしました。先日終了した通常国会では、民主、自民、公明の3党合意を形成した経緯や意義を説明、また28本の議員立法が成立するなど、公明党は野党の立場でありながら政治を前に進めるとの決意で取り組んできたことを紹介。また野田新総理の政治運営については、3党合意のもと、震災復興など協力すべきところは協力しながら対応していきたいと決意を述べました。

コメントは受け付けていません。