中古自動車販売協会連合会から要望を受ける

2011年10月27日

 公明党自動車問題議員懇話会(会長=斉藤鉄夫幹事長代行)は25日、衆院第1議員会館で特定非営利活動法人(NPO法人)「世界」の中田選理事長と、日本中古自動車販売協会連合会(JU中販連)の二村義春副理事長らから2012年度税制改正に関する要望を受けた。

 二村副理事長らは、今後、消費税率の引き上げに伴い、複数税率が導入されインボイス方式が義務付けられた場合でも、消費者から仕入れた中古車については現行の帳簿方式(みなし仕入れ税額控除方式)を可能とする特別措置を求めた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。