岡山県で支部会に出席

2011年10月27日

国政報告をする斉藤鉄夫

 斉藤鉄夫は26日、岡山県笠岡市で開催された西岡山総支部主催の支部会に出席し、国政報告を行いました。

 講演で斉藤は、民主、自民との「3党合意」について、その本質的な意味と公明党が持つ役割について説明。また参加者から多くの疑念がある年金の支給開始年齢の引き上げ問題や、選挙制度改革の問題、政権与党による間違った政治主導が引き起こした震災対応の遅れなど現在の国政の状況について述べました。

参加者を見送る斉藤鉄夫

コメントは受け付けていません。