広島県本部新年賀詞交歓会に出席

2012年01月18日

あいさつする斉藤鉄夫(広島市内 左から2人目)

 斉藤鉄夫は16日、広島県廿日市市、広島市で開催された公明党広島県本部新年賀詞交歓会に石井啓一党政務調査会長、桝屋敬悟党中国方面議長、谷合正明参院議員、山本博司参院議員とともに出席し、あいさつしました。

 あいさつで斉藤は、中国方面で特にお世話になっている桝屋議長、谷合、山本両参院議員を紹介するとともに、今年の決意を述べました。

 以下より公明新聞記事を転載

 公明党広島県本部(斉藤鉄夫代表=衆院議員)の新年賀詞交歓会が16日、広島市内で開かれ、石井啓一政務調査会長が出席し、あいさつした。
 石井政調会長は、来年度予算政府案に関して「マニフェスト崩壊予算だ。子ども手当、高速道路無料化、八ッ場ダムの建設問題など民主党の主要政策はことごとく実現できない格好だ」と指摘。
 また、政府・与党の社会保障と税の一体改革素案について「極めて中途半端な中身だ。年金制度の将来像が示されていない。年金の将来像なき社会保障改革の議論は、画竜点睛を欠くことにならざるを得ない」と述べた。
 一方、交歓会では、来賓を代表して、湯崎英彦知事、松井一実・広島市長らがあいさつした。

コメントは受け付けていません。