滋賀県の党新春新年賀会に出席

2012年01月30日

あいさつする斉藤鉄夫(大津市内)

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(衆院議員)は29日、滋賀県大津市内で行われた党県本部の新春年賀会に出席し、あいさつした。次期衆院選予定候補の佐藤しげき衆院議員(大阪3区)のほか、嘉田由紀子県知事など、多数の来賓が参加した。

 斉藤氏は、国家公務員給与の削減など、民主、自民両党とともに行っている3党協議について「公明党が協議をリードしている」と強調。「公明党が政治の要となって、前進させる」と決意を述べた。
 また、政府・与党が決めた社会保障と税の一体改革素案について、「明確なビジョンがなければ協議できない。合意する誠実さが感じられない」と指摘した。

 一方、佐藤氏は「大衆とともにの立党精神を忘れず戦っていく」と決意を述べた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。