郵政改革 早期合意めざす

2012年01月30日

あいさつする斉藤鉄夫

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は27日、参院議員会館で、日本労働組合総連合会(連合、古賀伸明会長)の「政策・制度実現に向けた院内集会」に出席し、あいさつした。

 斉藤幹事長代行は郵政改革について、現実に物事を決めていく政治の一つとして早期合意をめざすと語った。また、社会保障と税の一体改革をめぐる与野党協議について、「ビジョンがあって、初めて議論ができる」とし、公明党が「新しい福祉社会ビジョン」を提示したことを強調。与党に対し、年金、医療などの将来像を示した上での議論を求めていくと訴えた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。