党核廃絶推進委員会 関係団体と意見交換

2012年10月11日

関係団体と意見交換する党核廃絶推進委員会

関係団体と意見交換する党核廃絶推進委員会

非人道性の共有必要

 公明党の核廃絶推進委員会(浜田昌良座長=参院議員)は10日、参院議員会館で、核廃絶をめぐる国連総会での議論の状況に関して外務省から報告を受けるとともに、核兵器の非人道性に関する最近の国際的議論について、民間国際交流団体ピースボートの川崎哲共同代表らと意見を交わした。

 外務省は、国連総会の一般討論演説において、日本が核のない世界に向けた決意を述べる一方、他国においては核廃絶や核軍縮に対する関心が示されなかったことを説明。その上で、「軍縮・不拡散イニシアチブ(NPDI)」や、包括的核実験禁止条約(CTBT)フレンズの外相会合の内容を報告した。
 また、川崎氏は「核による飢饉 局地的核戦争による全地球的影響」と題する「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)の研究結果を説明し、核兵器の非人道性に関する共通認識の必要性などを強調した。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。