日本獣医師会の要望を受ける

2012年10月11日

日本獣医師会から要望を受ける

日本獣医師会から要望を受ける

獣医学教育を手厚く

 公明党の獣医師問題議員懇話会(会長=斉藤鉄夫幹事長代行)は9日、衆院第1議員会館で初会合を開き、日本獣医師会の山根義久会長らと会い、獣医学教育の充実などを求める要望を受けた。

 山口那津男代表、井上義久幹事長(ともに同懇話会顧問)、斉藤会長らが出席した。

 冒頭のあいさつで山口代表は、災害時の動物の救済や感染症の予防など、獣医師に対する「社会の需要にどう応えていくか検討していきたい」と強調した。

 山根会長らは、獣医療には獣医師以外の国家資格がない現状に触れ、獣医療でも「公的資格を増やし、(獣医師と看護師らとの)チーム医療による質の保証をしていく必要がある」と強調した。
 獣医学系大学同士が連携する共同獣医学部・獣医学科への支援も求めた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。