さいとう鉄夫メルマガ vol.11

2012年10月12日

こんにちは!さいとう鉄夫です。

環境・エネルギー政策は、今、大きな歴史的転換点にあります。これまでは、「低炭素化」即ち地球温暖化問題への対応としての二酸化炭素排出抑制が最大の課題でした。従って、二酸化炭素を出さない原子力を拡充していくというのが基本路線でした。

しかし、東日本大震災における東京電力福島第一原子力発電所事故を受け、この方向性を続けていくことができなくなりました。これからは「脱原子力依存」と「低炭素化」という、これまで相矛盾するとされていた2つのテーマを同時に達成することが我が国に求められるようになったということです。

これを達成するためには、省エネと再生可能エネルギーの爆発的な拡大、および化石燃料発電の高効率化が必須です。同時に、国民生活と日本経済を守るためエネルギー安全保障という観点も欠かせません。ある意味で、人類初の実験をする、人類初の環境モデル国家を築くことにつながります。

環境大臣時代に培った日本全国の人脈と経験を生かして、私が先頭に立って頑張って参ります。

 

コメントは受け付けていません。