街頭演説で公明党支援を訴える

2012年11月18日

 さいとう鉄夫とますや敬悟は18日、広島市東区内で行われた街頭演説会に出席し、公明党への絶大なる支援を訴えました。

 演説でさいとうは、今回の衆院選は、沈没寸前の日本をどう立て直すかが大きな争点であり、政権担当能力のある政党はどこなのかを選ぶ選挙であると指摘しました。そして公明党はこれまで、進まない政治の中で民主と自民の間に立ち政治を前へ推し進め、郵政改革や税と社会保障一体改革などの実績を積んできたことを紹介し、公明党こそその能力のある政党であると強調しました。

 そして日本再建のため、防災・減災ニューディールなど景気・経済対策を行い、若い人たちに働く場があり、結婚、子育てを安心してできることが、年金・医療・介護など社会保障の充実につながっていく、そうした社会を作っていきたいと述べました。

 社会保障政策のエキスパート、ますや敬悟。環境、経済のさいとう鉄夫、比例中国ブロック2議席奪還のため全力で戦い抜くとの決意を述べ、公明党への絶大なる支援を訴えました。

コメントは受け付けていません。