政経セミナーに出席(京都市)

2012年11月20日

公明党への支援を訴える 斉藤鉄夫(右)

公明党への支援を訴える さいとう鉄夫(右)

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(衆院選予定候補=比例中国ブロック)と、竹内譲京都府本部代表(同=比例近畿ブロック)は19日夜、京都市内で開かれた党府本部主催の政経セミナーに出席し、衆院選勝利へ絶大な支援を訴えた。

 竹内氏は、デフレ脱却の処方せんとして「内需拡大策が不可欠」と主張。その上で、命を守るインフラ整備に集中的に投資することで、景気も回復させる「防災・減災ニューディール」の意義を強調し、「公明党は経済再生に責任を持って取り組む」と語った。

 斉藤氏は「国民から信を得た新しい政権が次の補正予算案、来年度予算案を編成し、本格的な景気回復をめざすべきだ」と力説した。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。