山口県で時局講演会(山口代表)

2012年11月27日

山口代表と斉藤鉄夫(右)、ますや敬悟(左)

山口代表と さいとう鉄夫(右)、ますや敬悟(左)

 公明党の山口那津男代表は25日午後、山口県宇部市内で開かれた時局講演会に出席し、民主党政権の無責任体質を厳しく糾弾し、前回衆院選で失った比例中国ブロック2議席目の奪還へ、公明党への支援を訴えた。

 席上、山口代表は「今回の衆院選で大事なのは、民主党政権をきちんと総括し検証することだ」と力説。その上で、民主党政権について、党内の意見集約が難航する事態を繰り返したことに触れ、「責任感が足りない」と強調するとともに、少子化担当相が10人目に上り閣僚がコロコロ代わったことを挙げ、「人材が乏しく経験が不足している」と厳しく指摘した。さらに、大学新設認可や八ッ場ダム建設をめぐる二転三転の対応に言及し「やることなすこと、思いつきでパフォーマンスだ」と批判した。

 斉藤鉄夫幹事長代行(衆院選予定候補=比例中国ブロック)と桝屋敬悟中国方面協議会議長(同)は、衆院選勝利への決意を力強く訴えた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。