北方領土問題で要望を受ける

2013年02月03日

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行は1月31日、衆議院第2議員会館で千島歯舞諸島居住者連盟の小泉敏夫理事長らと会い、北方領土問題の早期解決を求める要望を受けた。遠山清彦、稲津久、佐藤英道の各衆院議員が同席した。

 小泉理事長らは北方領土の早期一括返還の実現を訴えたほか、元居住者の権益保護や後継者の育成強化などを求めた。

 斉藤幹事長代行は「要望が一日も早く実現できるよう全力を挙げて頑張っていく」と述べた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。