広島県内で街頭演説などを行う

2013年04月29日

演説する 斉藤鉄夫と山本ひろし

演説する さいとう鉄夫と山本ひろし

 さいとう鉄夫は29日、山本ひろし参院議員とともに広島県内(広島市、江田島市、東広島市)で開催された街頭演説、時局講演会を行いました。

 山本参院議員は、1期6年間、障害者福祉や離島振興に尽くしてきた実績を紹介し、これからも制度の狭間で苦しんでいる方々のために、どこまでも人間主義を貫いて全力で頑張っていきたいと決意を述べました。

 さいとうは、参院選の意義について、衆参のねじれにより決められない政治が景気を後退させるとともに、世界との競争力の低下を招いた事実を指摘し、ねじれを解消し日本の政治を安定させるための大切な選挙であると強調。その上で、国民生活に視点を持つ公明党の存在感を発揮することが、日本の政治の安定に資するものであるとし、公明党への絶大なる支援をと訴えました。

 

あいさつする 斉藤鉄夫

あいさつする さいとう鉄夫

コメントは受け付けていません。