新憲法制定議員同盟の大会に出席

2013年05月01日

憲法論議は国民目線で

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(憲法調査会長代理)は30日、超党派の国会議員らでつくる新憲法制定議員同盟(会長=中曽根康弘元首相)が都内で開いた大会であいさつし、「市井に生きる庶民、国民の共感を得ていかなければ憲法改正はできない」と国民目線に立った憲法論議の必要性を訴えた。

 また、斉藤氏は「公明党の憲法改正に対する考え方は『加憲』だ」と紹介し、「基本的人権の尊重、国民主権、恒久平和主義の3原則を守りつつ、これまで日本と世界が勝ち取ってきた素晴らしい価値観を加えていく意味での憲法改正だ」と説明。その上で、「『加憲』こそ最も現実的で穏当で、憲法改正の近道だと確信している」と力説した。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。