被団協から要請を受ける

2013年06月07日

要請を受ける 斉藤鉄夫(左から3人目)と谷合参院議員

要請を受ける さいとう鉄夫(左から3人目)と谷合参院議員

 国家補償の実現早く

 公明党原爆被害者対策委員会の谷合正明委員長(参院議員)は6日、参院議員会館で日本原水爆被害者団体協議会(日本被団協)のメンバーと会い、原爆被害者に対する支援の要請を受けた。


 これには、公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(同委員会顧問、衆院議員)も同席した。


 席上、被団協側は、被爆者の高齢化、病弱化、死没が急速に進行している現状を強調。その上で、(1)被爆者に対する国家補償の実現(3)厚生労働相との定期協議の早期再開(3)被爆2世に対する支援―などを求めた。


 谷合氏は「平和の党として、被爆者の思いに応えられるよう頑張る」と述べた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。