広島市内で街頭演説

2013年06月23日

演説する 斉藤鉄夫

演説する さいとう鉄夫

 さいとう鉄夫は22日、広島市内で街頭演説を行いました。

 演説では、26日に会期末を迎える通常国会について、「0増5減の区割り法」「電力システム改革法」などの法案について何としても成立させなければならないとし、参議院において審議をしない民主党など野党の不誠実な対応を訴えました。

 また来月行われる予定の参院選については、衆参のねじれを解消し、自公による安定した政権で決められる政治を取り戻すことであると、選挙の意義を述べるるとともに、安定政権の中でも公明党の存在が、平和と経済成長の果実を生活者に及ぼす役割につながるとし、何としても勝利したいと訴えました。

コメントは受け付けていません。