「サタデーずばッと」に出演

2013年11月11日

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行(衆院議員)は9日、TBS系番組「サタデーずばッと」に各党の代表者とともに出演し、国家機密を漏らした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案について、見解を述べた。

 斉藤氏は、国の安全と国民の生命・身体・財産を守るためには、同法案を今国会で成立させる必要があると強調。その上で、「野党の大多数も秘密保護法制が必要ということでは一致している。(今国会での成立に向けて)幅広い合意形成を図っていくべきだ」と語った。

 また、斉藤氏は、政府の恣意的な「特定秘密」の乱用を防ぐための“監査役”として、公明党の主張で、法案に有識者会議の設置が盛り込まれたことを訴えた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。