公明党新年賀詞交歓会(広島市)に出席

2014年01月10日

あいさつする 斉藤鉄夫

あいさつする さいとう鉄夫

 さいとう鉄夫は10日、広島市内で開催された公明党新年賀詞交歓会に出席し、あいさつしました。これには桝屋敬悟衆院議員、谷合正明参院議員も出席しました。

 あいさつでさいとうは、今年はアベノミクスを成功させ、デフレ脱却を軌道に乗せていく年として、景気回復に専念して頑張っていきたいと述べました。

 また、昨年の税制改正について触れ、設備投資をし、給料が上がり、消費も増え、設備投資が増える、こうした景気の好循環を作るための税制であることを強調し、広島でも景気回復の実感が得られるよう努力していきたいと述べました。さらに一つの例として、マツダのクリーンディーゼルがエコカーに認定され、減税対象になったことを紹介し、こうした一つ一つの政策を提案し、実現していく中で地域の活性化と経済の再生に向けて頑張っていきたいと決意を述べました。

 本年結党50周年を迎えるにあたって、50年前の立党の原点を忘れず、再確認をして次の50年めざす出発の年にしたいと述べました。

コメントは受け付けていません。