可部バイパス開通式に出席(広島市)

2014年02月10日

式典であいさつする さいとう鉄夫

式典であいさつする 斉藤鉄夫

 さいとう鉄夫は8日、広島市安佐北区内で開催された一般国道54号可部バイパス(広島市安佐北区三入~同区大林間)開通式に出席し、あいさつしました。

 あいさつでは、開通にあたり地元地権者、町内会ならびに工事関係者へのご努力に対し、謝意を述べ、国道54号線にまつわる自身の高校時代の思い出を紹介しつつ、これまでの渋滞緩和に大きく貢献するバイパスの完成をともに喜び合い、残りの1km弱区間の早期開通に引き続き努力していきたいと述べました。

 式典の後、大林小学校、三入小学校児童によるソーランと合唱、広島文教女子大学付属高校和太鼓部「文京太鼓【葵】」による太鼓の演奏などが行われました。また前日からの大雪の影響により式典会場でのテープカットとなりました。

テープカットの模様

テープカットの模様

コメントは受け付けていません。