邑智西部区域 特定中山間保全整備事業完工式に出席

2014年03月08日

完工式であいさつする 斉藤鉄夫

完工式であいさつする さいとう鉄夫

 さいとう鉄夫は8日、島根県邑智郡邑南町、江津市内で開催された邑智西部区域 特定中山間保全整備事業完工式と同事業にて開通した日桜(ひざくら)ロードの開通式に出席し、あいさつしました。

 完工式でのあいさつでさいとうは、本日の完工式を迎えることができたことを喜び合いたいと述べるとともに、自身も地元の市町長から指導をいただきながら努力してきたことを紹介しました。

 また、与党におけるエネルギー基本計画の議論を行なっている中で、特定バイオマス事業を日本のエネルギー事業の一事業として大きく伸ばしていく。このことは2020年の中国、アメリカなどを含めた新しい気候変動枠組み条約が策定する中で、バイオマス事業によって森林が整備され、その森林が二酸化炭素を吸収してくれる、こうすることによって日本が世界に支払うべき二酸化炭素排出量が軽減されることになると強調し、同事業による水源地の植林事業に感銘を受けたと感想を述べ、この分野でしっかりと頑張っていきたいと決意を述べました。

日桜(ひざくら)ロード開通テープカットする 斉藤鉄夫(前列左から2人目)

日桜(ひざくら)ロード開通テープカットする さいとう鉄夫(前列左から2人目)

コメントは受け付けていません。