原爆死没者慰霊式・平和祈念式に出席

2014年08月08日

 広島市は6日、69回目の原爆の日を迎えた。広島市中区の平和記念公園では、市主催の「原爆死没者慰霊式・平和祈念式」(平和記念式典)が行われ、被爆者や遺族、安倍晋三首相ら約4万5000人が参列。公明党から山口那津男代表をはじめ、斉藤鉄夫幹事長代行(衆院議員)、浜田昌良、谷合正明、山本博司の各参院議員、田川寿一、栗原俊二、日下美香の各広島県議、平木典道、安達千代美、星谷鉄正、米津欣子、原裕治、渡辺好造、西田浩、碓氷芳雄の各広島市議が参列した。

 松井一実市長は平和宣言で、「絶対悪」である核兵器廃絶に向け、「憎しみの連鎖を生み出す武力ではなく、人と人とのつながりを大切に、未来志向の対話ができる世界を築かなければならない」と力説し、政府に対して、69年間戦争をしなかった事実を重く受け止め、「名実ともに平和国家の道」を歩み続けるよう訴えた。

 式典には68カ国の政府代表や欧州連合(EU)代表部が参列した。昨年着任した米国のケネディ駐日大使のほか、核保有国では英仏ロの代表者も出席。原爆が投下された午前8時15分に遺族代表らが「平和の鐘」を打ち鳴らし、参列者は1分間の黙とうをささげた。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。