広島市へ義援金を寄託

2014年09月11日

滝川所長懇談する 斉藤鉄夫と山口代表

滝川所長と懇談する さいとう鉄夫と山口代表

 

土砂災害 復旧に役立てて 

 公明党は9日、東京都千代田区の広島市東京事務所で滝川卓男所長に、広島市北部を襲った土砂災害の被害に対する義援金を寄託した。

 山口那津男代表、斉藤鉄夫幹事長代行(広島県本部代表)が参加した。

 義援金を手渡した山口代表は「復旧に役立ててください」とあいさつ。その上で、住民への危険周知や避難態勢の整備を強化するため、土砂災害防止法を秋の臨時国会で改正することに意欲を示した。また、「今回の災害で痛感した課題は、行政が提供した情報を、受け手側がどう生かして被害を減らすかだ」と述べ、行政と住民の協力関係を築く必要性を強調した。

 滝川所長は「さっそく現地に届けて、有効に使わせていただく」と話した。

【公明新聞より転載】

コメントは受け付けていません。