中国国際友好協会と懇談

中国国際友好協会の表敬を受ける 斉藤鉄夫(右から4人目)
中国国際友好協会の表敬を受ける さいとう鉄夫(右から4人目)

日中関係の改善へ全力

 公明党の北側一雄副代表は4日、衆院第1議員会館で中国国際交流協会の倪健秘書長、李冬萍、顧春兵両理事らの表敬を受け、懇談した。

 公明党の斉藤鉄夫幹事長代行、魚住裕一郎参院会長らのほか、NPO法人「世界」の中田選理事長が同席した。

 席上、北側副代表は「さまざまな課題が現在の日中間にはあるが、関係を良い方向に進めるのが政治家の使命」と強調。

 その上で、「今月、北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)で日中首脳会談が実現できるよう全力を尽くす」と語った。

【公明新聞より転載】