終戦記念日街頭演説を行う

演説するさいとう鉄夫(中)
演説するさいとう鉄夫(中)

さいとう鉄夫は15日、広島市内で戦後70年終戦記念の街頭演説を行いました。

これには広島県本部より田川寿一代表代行(県議)、平木典道・渡辺好造・原裕治の各広島市議、大崎勇一廿日市市議も参加しました。

演説でさいとうは、昨日発表された安倍首相の戦後70年談話について評価すると述べ、二度と戦争をしないとする憲法9条はしっかりと堅持するとし、さらに公明党広島県本部としては人間の安全保障の理念に立ち、絶対悪である核兵器を廃絶する。
その先頭に立って頑張っていくと決意を述べました。

また平和安全法制に関して、平和の基盤を築き、暴力を振るわれることのない抑止力を高める法案であると理解を求めました。