旧被服支廠を視察

県職員から説明を受ける さいとう鉄夫(左から2人目)
県職員から説明を受ける さいとう鉄夫(左から2人目)
県職員から説明を受ける さいとう鉄夫(左から2人目)
県職員から説明を受ける さいとう鉄夫(左から2人目)

広島市内にある被爆建物、広島陸軍被服支廠を視察しました。4棟のうち3棟が広島県、残り1棟を国がそれぞれ管理しており、今日は公明党広島県議団とともに県庁財産管理課の方から建物の歴史等の説明を受けました。先週お会いした中西巌さんのお気持ちがさらによく分かる実りのある視察でした。保存・保全には課題は多いですが、しっかり取り組んでいきます。