奥出雲おろち号

2018年05月13日

街頭演説を終え、松江市に向かおうとしたところ、木次駅の車庫に入る奥出雲おろち号と遭遇し、思わず写真を撮りました。奥出雲おろち号は、木次線木次駅〜備後落合駅間を走る2両編成のトロッコ列車。今年の4月で運行20年を迎えたそうです。車窓に広がる山々の風景はもちろんですが、最大の魅力は標高差167メートルを登るために敷設されたJR西日本管内では唯一の三段式スイッチバック、そして国内最大級の二重ループ橋の奥出雲おろちループです。乗りたい気持ちをぐっと抑え、乗ったつもりで書いています。

コメントは受け付けていません。