豪雨災害視察(広島)

2018年07月28日

豪雨災害の発災から3週間が経過。今日も広島県内の被災現場の現状を把握したく各所を視察しました。朝は安佐北区白木町のJR芸備線の鉄橋崩落現場に行きました。橋脚が倒れ、線路は濁流に沿った形でねじ曲がり、全く手つかずの状態でした。芸備線は私が高校生の頃、広島と故郷を行き来する時に利用していた思い出のある路線。何よりも通学、通勤で利用されている方がいつも通りの利用ができるよう、JRと国交省ともに連携して早期復旧に努力して参ります。

コメントは受け付けていません。