豪雨災害視察(広島)

2018年07月28日

続いて府中町へ。ここでは益田芳子、橋井肇両町議とも合流し、突如氾濫、周辺地域に水が溢れ出た榎川の上流にある砂防ダムを町職員の方に案内頂き、当時の模様と土砂撤去の様子を伺いました。大雨も止み、復旧作業が始まった2日後に起きた被害。こうした事象も起こりうることを念頭に、原因究明と監視体制強化の必要性を実感しました。

コメントは受け付けていません。