豪雨災害視察(広島)

2018年07月28日

広島市安芸区矢野東7丁目。この地域は公明党議員が不在のいわゆる空白区。隣の海田町の大高下光信、小田久美子両町議や広島県議、広島市議が担当して、対応に当たっています。今日は海田町の2人と現場に向かいました。山の山頂付近からの土石流で、大きなコアストーンが散乱し、被害の凄まじさに震えました。団地のすぐそばにある新設した砂防堰堤をはるかに超えて流れ出たものと推察されますが、今後の対策をどうすべきか大きな課題を突き付けられました。

コメントは受け付けていません。