鉄道公園化への社会実験を視察(邑南町)

2018年10月21日

自衛隊記念行事の後、島根県邑南町へ。今年3月末に廃止となったJR三江線(広島県三次市~島根県江津市)。その廃線跡地を活かした鉄道公園化構想の実現性を判断するために行われている社会実験を視察しました。三次市の岡田美津子・黒木靖治両市議と遠藤力一島根県議、永岡静馬江津市議も参加しました。口羽駅前後約700mを写真奥に写っているトロッコ型車両に乗車したり、仮想現実(VR)による三江線口羽駅周辺の空中散歩などを体験しました。その後、主催するNPO法人江の川鐵道の森田一平さんより、同実験を行うにあたっての経緯や構想実現への様々な課題などを教えて頂きました。廃線後の地域、地方を盛り上げようとの熱い思いに触れ、その高い志と、現場ならではの知恵と取り組みに感銘しました。これからも互いに連携を取り合い、実現に向けて応援していきたいと思います。

コメントは受け付けていません。