オリンピックのメダルも循環型・持続可能なもの

今回のオリンピック • パラリンピックでアスリートの手に渡った約5000個のメダルは、皆様から回収した都市鉱山と呼ばれる携帯電話、小型家電等から製作されています。

公明党が、循環型社会の形成を強く主張し、2013年に小型家電リサイクル法が制定されました。

レアメタルの回収・リサイクルについては、08年に党青年委員会が使用済み携帯電話の回収・リサイクル体制の強化を求める署名運動を展開。約47万人分の署名を集め、経済産業省と環境省に対して署名簿を添えて体制強化を要請した結果、08年度補正予算でリサイクル拡大のモデル事業が盛り込まれるなど回収・リサイクル促進への道筋を付けることができました。


コロナ禍で延期もあり、史上初5年ぶりの開催となった東京オリンピック 。

困難な中で、挑戦を重ねた選手達の努力と汗の結晶となりました。

ご協力いただいた皆様、大変にありがとうございました