斉藤鉄夫

斉藤鉄夫の政策

奨学金

意欲があれば誰でも学べる社会であるために最も重要なのが奨学金制度です。長年、党の文部科学部会長として奨学金の拡充に全力を注いできた結果、受給者が100万人を超えるレベルになりました。今後とも、生涯教育の基盤としての制度の確立に頑張ります。

自然・職業・文化体験学習

「学力低下」のひとつの大きな要因に「何のために学ぶのか」という基本認識がないことがあると思います。自然に親しみ、職業体験をし、文化芸術に触れることによって、社会・宇宙の中の自分という認識が生まれてくれば素晴らしいと考えます。自分発見・自己実現のための学習という視点を教育に吹き込みます。

文化芸術

文化立国こそ21世紀の日本のあるべき姿であると考えます。欧米諸国に比べ、まだまだ文化芸術への支援が行き届いていない中、芸術にかかわる人の社会的地位向上の推進(仮称:芸術家の社会的地位向上法)の制定や、創作活動の運転資金を融資する新たな融資制度の創設、伝統文化や大衆芸能の振興と保護等、文化が大きく花開く社会を構築していきます。

科学技術

日本が21世紀を生き行く道として科学技術の振興はかかせません。科学技術振興が今後の新産業育成につながり、経済活性化と雇用創出にも波及していきます。新たな知・技の創造で世界に貢献すべく、科学技術創造立国・日本を目指していきます。

エネルギー

地球環境問題は実はエネルギー問題。脱化石燃料で将来は地域分散型太陽水素系社会の実現に取り組んでいきます。