軽減税率意見聴取を開始

与党協議会であいさつする 斉藤鉄夫

 自民、公明の与党両党は8日、衆院第2議員会館で税制協議会を開き、食料品など生活必需品の消費税率を低く抑える軽減税率の導入に向け、関係11団体からヒアリングした。与党が6月に公表した、対象品目で8パターン、経理手法で4パ …

つづきを読む軽減税率意見聴取を開始

与党税制協議会に出席

与党協議に臨む 斉藤鉄夫(左側一番奥)

企業の事務負担軽減へ 経理手法めぐり協議  自民、公明の与党両党は23日、国会内で税制協議会を開き、消費税率10%への引き上げに伴い、生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の導入で課題となっている企業の経理手法について、意 …

つづきを読む与党税制協議会に出席

税制改正について(党合同会議での発言要旨)

会議で説明する 斉藤鉄夫

一、軽減税率について自民党と合意した。ポイントは二つ。一つは、消費税率10%時に導入することが明確になった点だ。前回の大綱では「10%引き上げ時に、導入することをめざす」という表現だったが、この1年間、与党税制協議会で議 …

つづきを読む税制改正について(党合同会議での発言要旨)

事業者団体よりヒアリング(与党税制協議会)

団体より意見を聞く 斉藤鉄夫(左から5人目)

 自民、公明の与党両党は9日、衆院第2議員会館で税制協議会を開き、軽減税率導入後の企業の事務負担を軽減するために公明党が提案した、現行の帳簿や請求書を活用した簡易な経理方式について事業者団体などからヒアリングを行った。公 …

つづきを読む事業者団体よりヒアリング(与党税制協議会)